2019/9/12オットー・ザウター先生トランペットマスタークリニック開催のお知らせ

9月 12th, 2019

【日時】2019年9月12日(木)

11:00~12:00 /12:00~13:00/ 14:00~15:00 / 15:00~16:00/16:00~17:00

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

【講師】 オットー・ザウター
      
OTTO SAUTER

【講師プロフィール】 

現代屈指のピッコロ・トランペットの名手として良く知られており、世界の主要ホールで演奏してきた。1995年10月、チャールズ皇太子臨席のもと、セント・ジェイムズ宮殿でフィルハーモニア管と共演。1998年と2000年にはサン・ピエトロ広場でヨハネ・パウロ2世と5万人の観衆を前に演奏。2001年には、北京の紫禁城でムハイ・タン指揮中国国家交響楽団と共演している。


 1988年から1998年まで、ブレーメン州立歌劇場フィル首席トランペット奏者。1991年からはブレーメン国際トランペット・フェスティヴァル芸術監督を務め、レイ・チャールズ、メイナード・ファーガソンらの多彩なゲストも招いている。金管楽器奏者にとっては国際的に重要なイベントのひとつである。1994年にはブレーメン・トランペット・アカデミーを創設、世界中の優秀なトランペット奏者たちを対象に独自の教育プログラムを提供している。


 2006年、子供向けテレビ・シリーズで世界的に成功をおさめているプロデューサー、Peter Willとともに、ドイツの子供たちのために「リトル・アマデウス&フレンズAktionstag」を開始。2007/08年には「リトル・アマデウス・ライヴ」コンサート・シリーズをドイツ、オーストリア、スイスの40都市で80回開催。東京、ブレーメン、 サンティアゴの大学で教える機会も多い。


 ドイツ・ユニセフ設立50周年を記念して一連のコンサートを行うことを決意。モンセラート・カバリエ、ボビー・マクファーリンらの国際的に著名なアーティストを招き、「オットー・ザウター基金」のためのジョイント・コンサートを毎年開催している。


 マルティン・ルターが聖書を翻訳したことで知られる城で開催されるヴァルトブルク音楽祭、国際的合唱音楽の祭典ムジカ・サクラ・ア・ローマの芸術監督。後者はバチカンの文化評議会会長ポール・プーパール枢機卿の後援によりローマとバチカンで開催された。

【クレアーレ八王子】休館日のお知らせ

8月 11th, 2019

いつもお世話になっております。

クレアーレ八王子は

8月12日(月)~8月16日(金)の間

休館とさせて頂きます。

お問合せ等の返信・ご連絡は

8月17日(土)以降順次させて頂きます。

ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【クレアーレ大宮】会場休館のお知らせ

8月 11th, 2019

いつもクレアーレ大宮をご利用頂き、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記日程を休館とさせていただきます。

 

◆休館日程◆

2019年8月12日(月)~8月16日(金)

 

お問い合わせや、体験レッスンのお申し込み等の返信は、

2019年8月17日(土)より順次回答させて頂きます。

ご不便お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

SHIMOKURA BAND PARTY 2019 30th Anniversary開催しました♪2019/8/3 Sat

8月 10th, 2019

 


 

 

令和元年!8月3日(土)

今年もこの日がやってきました!

下倉楽器大宮店、音仲間達の 夏フェス! 

長かった梅雨明けと共に照り返す、朝からの夏の日差し中、

シモクラバンドパーティーVol.30 開催です!

 

たけのこ隊

 

  

 さあ、バンドパーティー30回記念大会スートです!記念大会を飾るオープニングは、フレッシュな市立浦和高校の一年生 たけのこ隊。初めてのライブハウスデビューの緊張感とワクワク感が、ステージ上にも客席にも満ちてます。あいみょん、ヨルシカの楽曲で、ノリノリでスタート!

 

Read the rest of this entry »

2019/08/10(土) ジェローム・ララン サックスマスタークラス イベントレポート

8月 10th, 2019

 

【日時】2019年8月10日(土)

【時間】 ①11:00~12:00

     ②12:00~13:00

     ③14:00~15:00

     ④15:00~16:00

     ⑤16:00~17:00

【場所】 下倉楽器 御茶ノ水 3階

【受講料】 ¥15,000

 

【プロフィール】

1978年フランス南西部タルブにて生まれる。10歳からサクソフォーンをはじめ、パリ音楽院に於いてクロード・ドラングル教授のクラスを満場一致の首席で卒業後、2005年まで同音楽院第三課程で研鑽を積む。

リュクサンブール国際コンクールでの満場一致の1位(2000年)獲得後、2001年ミュンヘン国際コンクール、2002年ディナン・アドルフ・サックスコンクール等数々の国際コンクールにて好成績を残す。

笹川財団、メイヤー財団、メセナ・ミュージカル・ソシエテ・ジェネラル、ズィフラ財団の奨学生、また2004年にはフランス音楽・芸術家著作権協会 (ADAMI)主催の新人賞、レヴェラション・クラシックに選出。

ソリストとしての活動と同時に室内楽奏者としても精力的で、ヨーロッパはもちろん中国、カナダ、日本等に於いてもリサイタル、室内アンサンブル演奏会等幅広く活動。

そしてパブロ・カザルス国際音楽祭、『東京の夏』音楽祭等数々の国際音楽祭にも出演。(パリ・秋の音楽祭、トランスクラシック音楽祭、ロワイヨモン財団音楽祭、ディジョン・ファイ・ノート音楽祭、アルス・ミュジカ音楽祭等)

これまでにソリストとしてトゥールーズ国立室内管弦楽団、アンサンブル・イティネレール、ワロニー王立室内管弦楽団、パリ音楽院管弦楽団、ズリン・ボルスラヴ・マルティヌー管弦楽団(チェコ共和国)等と競演。

現 代音楽の分野においての活動は特に顕著で、フレデリク・ヴェリエール、ベルナト・ヴィヴァンコス両氏のサクソフォーン協奏曲初演をはじめ、所属する現代音 楽アンサンブル、アンサンブル・ケルンでも数々の作曲家のプロジェクトに参加。ブーレース作曲、『Dialogue de l'ombre double』のシテ・ドゥ・ラ・ミュージックでの公演も記憶に新しい。

2005 年、インプロヴィゼーションから影響を受けた様々な音楽を自身の即興と織り交ぜたCD、『Paysages lointains(遥かなる景色)』を録音。2008年にはソロCD『Impressions d'Automne(秋の印象)』発売の他、フランク・ベドロシアンの作品を集めたモノグラフィー等、数々のCD制作に参加予定。

クラシック音楽のさらに幅広い普及を目指しフランス・キャプヴェルン音楽祭を主宰。現在パリ12区音楽院にて教鞭をとる傍ら、世界各地で積極的にマスタークラスも行っている。 

 

 

 

11:00~12:00 木下 ななみさん (尚美ミュージックカレッジ ディプロマ科1年生)

曲目:J.イベール/室内協奏曲

感想:わかりやすく、とても勉強になりました。ありがとうございました。

 

 

本人の希望により掲載を控えさせて頂きます。

 

15:00~16:00 鹿島 理功さん (洗足学園音楽大学 2年生)

曲目:R.ブートリー/ディヴェルティメント

感想:とても有意義なレッスンでした。自分に足りないものが的確にわかりました。ありがとうございました。

 

 

16:00~17:00 吉田 祥一郎さん

曲目:インプロヴィゼーション

感想:温かく、とても丁寧でもっと先生方が好きになりました。また習いたいです。ありがとうございました。

 

 

 

店頭にて

 

【クレアーレ大宮】木曜 額賀講師クラスの皆様へ

8月 7th, 2019

いつもお世話になっております。

明日、2019年8月8日(木)に予定しておりました額賀講師のギター・ウクレレコースレッスンですが

担当講師のご都合の為、休講とさせて頂きます。

振替につきましては、8月29日に行います。

 

ご迷惑お掛けし、大変申し訳ございません。

何卒、宜しくお願い致します。

2019/8/2(金)イエルン・ベルワルツ氏トランペットマスタークリニックイベントレポート

8月 3rd, 2019

 

【日時】2019年8月2日(金)

11:00~12:00 /12:00~13:00/ 14:00~15:00 / 15:00~16:00/16:00~17:00

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

【講師】 イエルン・ベルワルツ氏 ハノーファー音楽大学 トランペット教授

【講師プロフィール】

イエルーン・ベルワルツ Jeroen Berwaerts ベルギー出身、1975年生まれ。歌心にあふれ、しなやかな音楽的説得力、高い技術と繊細な音楽性をもつ演奏家である。レパートリーはバロックから現代音楽、ジャズに至るまでの様々な時代や様式の作品を含んでいる。カールスルーエで、名高いトランペットの巨匠であるラインホルト・フリードリヒに師事した。トランペット奏者としての活動をしながら、ゲント王立音楽院でジャズボーカルを修了。「モーリス・アンドレ国際トランペットコンクール」「ヨーロッパの若きトランぺッターコンクール」「プラハの春国際音楽コンクール」などで上位入賞。 ピアノ、ドラムやブラスバンドと共演し、いくつものプログラムを展開する。ベルギーのアルス・ムジカ、ラインガウなど、各国の国際的音楽祭に招かれている。また、ベルリン・コンツェルトハウス 管弦楽団、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘンシンフォニカー、 ジュネス・ミュジカーレ・ワールド・オーケストラ、フランドル交響楽団などと、アラン・ギルバート、ヤコブ・クライツベルクらの指揮の下共演。1999年から2014年にかけてはハンブルク北ドイツ放送交響楽団の首席トランペット奏者を務め、同 オーケストラの独奏者として活躍し、2008年以降はハノーファー音楽大学でもトランペット教授を務めている。 また日本でも積極的に演奏活動を行っており、2013年にはサントリーホールで、東京フィルハーモニー管弦楽団(指揮:準メルクル)とともに細川俊夫の新作トランペット協奏曲「霧の中で」の世界初演を行ったほか、細川俊夫「旅 VII」のトランペットとピアノ版の世界初録音を含む「トランペット・テールズ」(ピアノ:中川賢一)が日本アコースティックレコーズより2016年6月にリリースされた。

 

11:00~12:00 小林 結希乃さん

【曲目】BRANDT/Concert Piece

【感想】曲のイメージやそうほうを丁寧に教えて頂きました。

    これからの練習や活動にいかしていきたいと思います。

 

11:00~12:00 飯島 浩介さん 国立音楽大学4年生 

【曲目】Planel/Bisic

【感想】いろいろなアプローチをして下さってとても勉強になりました。ありがとうございました。

14:00~15:00 清川 大介さん 東京音楽大学 4年生

【曲目】ブラント/演奏会用小品第2番

【感想】悩んでいたことがレッスンを通して解決することができました。

    新しい練習方法など発見が多くありました。

 

15:00~16:00 蓬田 奈津美さん 東京芸大卒 

【曲目】ブラント/コンサートピース第2番 トマジ/協奏曲

【感想】息の使い方などの技術的な面から音楽のことまで、細かく丁寧に教えて頂き、新しい発見がたくさんありました。

    先生の音を間近で聴き、教えて頂いたように吹くと自分が別人になったような感覚もありました。ありがとうございました。

 

16:00~17:00 鈴木 惇也さん 東京音楽大学大学院 修士1年 

【曲目】Legende/G.Enesco

【感想】曲から基礎に立ち返って、自分の足りていない部分をストレートに教えて頂きました。

    また、曲の構成の仕方も勉強になりました。今後につなげられるレッスンだったと思います。ありがとうございました。

店舗にて

 

2019/08/02(金) ジャン=イヴ・フルモー氏サックスマスタークラス イベントレポート

8月 2nd, 2019

 

 

【日時】2019年8月2日(金)

    ①11:00~12:00

    ②12:00~13:00 

    ③14:00~15:00

    ④15:00~16:00

    ⑤16:00~17:00

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

【受講料】¥15,000

【講師】ジャン=イヴ・フルモー Jean-Yves Fourmeau

 

 

 

【プロフィール】

パリ国立高等音楽院でダニエル・ドゥファイエからサクソフォンを学び、当時としては前例のない、弱冠17歳で首席卒業を果たした。その後、フランスのギャップ・インターナショナル・サクソフォン・コンクールで1位なしの2位を受賞して以来、世界の音楽シーンの第一線で精力的にソロ活動を行なっている。多くのオーケストラとも共演し、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やフランス放送管弦楽団でソリストを務める。また、これまでに合計14枚のCDをリリースしている。
指導者としては、セルジー・ポントワーズ国立音楽院の教授を努め、2000年から2001年まではアメリカのインディアナ大学で客員教授として教鞭を執った。
またヨーロッパ、アジア、カナダ、アメリカ及びオーストラリアなど各国で、コンサートやマスタークラスを行っている。

 

【使用楽器】YAS-875EXG

 

 

 

12:00~13:00 笠原 悠郷さん (昭和音楽大学 3年生)

曲目:トマジ/コンチェルト

感想:普段CDなどでしか聴くことのできないサウンドを間近で体感できました。息遣いやアンブシュアなどを吸収でき、大変嬉しく思っています。有難うございました。

 

 

 

13:00~14:00 白石 琴乃さん (東京音楽大学付属高校 3年生)

曲目:イベール/コンチェルティーノ・ダ・カメラ

感想:とても勉強になりました。有難うございました。

 

 

 

 

15:00~16:00 古屋 佳代さん (教員)

曲目:デュボア/組曲形式による性格的小品より

感想:夢のようでした。この先も楽器を吹き続けたいので、このような機会をいただき本当に勉強になりました。

   通訳の方も本当に長時間有難うございました。

 

 

 

 

16:00~17:00 滝口 睦美さん (東京音楽大学 卒業)

曲目:トマジ/コンチェルト バッハ/無伴奏パルティータ

感想:とても勉強になりました。毎年素晴らしい機会をいただきありがとうございます。

 

 

【クレアーレ大宮】CREARE 13th LIVE開催致しました!

7月 28th, 2019

 

日程:2019年7月28日(日)

会場:ライブハウス 北浦和エアーズ

年に1度のクレアーレ大宮 みなさまによるバンドライブ!

この日の為に結成された、24チームのバンド!

毎年新しいメンバーと新しい音が生まれています

待望の青空の中、イベントスタート!

昨年に引き続き、台風の影響が心配されましたが、

青空に迎えられ、暑い熱い!イベントが開催されました

参加する度に、楽器演奏だけではなく、歌いながら演奏する方も増えてきました

みなさんの日々の練習や進化を感じます!!

初めて参加する方も、非常に緊張している中、堂々の演奏です!

バンドのイベントでは数少ない管楽器

久しぶりにフルートの方にも参加して頂きさらに素敵な音色が加わりました!

舞台裏では、演奏終了した方がホッとした様子も見られました

 

発表会参加の楽しみのひとつ!日頃指導を担当している講師による圧巻の演奏

担当楽器を越えた活躍もみられ、イベントをさらに盛り上げていただきました

 

今年も24バンド、たくさんの方にご参加、そしてご来場頂きました。

そして、先生方やライブハウスの方のサポートにより、イベントをさらに盛り上げて頂きました。

みなさま、楽しんで頂けましたでしょうか?

また是非、次回のイベントにもご参加お待ちしております!

本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 

一緒に音楽はじめませんか?

安心の無料お試しレッスンも行っております。

まずは、お気軽にお問い合せ下さい。

 

*下倉楽器の音楽教室 クレアーレ大宮*

http://www.shimokura-creare.com/index.html

TEL 048-642-9900

複音ハーモニカ初めてのお手入れ講習会 Vol.14開催しました。2019/7/20

7月 24th, 2019

 

 

『複音ハーモニカの下倉楽器』として県内外愛好者の皆様からご愛顧頂いております、下倉楽器 大宮店

㈱トンボ楽器製作所様と新見楽器㈱様のご協力とサポートを頂き、年に2回の人気セミナーとして定着致しました

【下倉楽器 大宮店 オリジナル企画】

複音ハーモニカ初めてのお手入れ講習会Vol14を開催致しました。

7月に入っても中々開けない梅雨空が気にかかる天候でしたが、お申込みを頂いた8名様すべてがご出席頂き、

音の出る仕組み~音の詰まる理由、音が狂うのは何故かなど実際にハーモニカをお持ち頂き

実技も交えながらの、わかりやすい解説で、とても内容の濃い講習となりました。

年に2度と言う貴重な開催を、聞き逃すまいと、時折の笑いや、質問などを混ぜながら、

真剣で熱のこもった、実のある講習会となりました。

 

次回は、た年明けに開催を予定しております。

今後も様々なご意見、ご要望などお伺いしながら、

沢山の方々にご参加頂ける様なイベントをご案内して参ります♪

ページの先頭へ


ee