2017/12/20/ジャック・モージェ氏トロンボーンマスタークリニック開催のお知らせ

【日時】2017年12月20日

【場所】下倉楽器3F

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

 【時間】11:00~12:00 12:00~13:00 14:00~15:00
           15:00~16:00 16:00~17:00

 【講師】ジャック・モージェ氏 Jacques Mauger

場所 下倉楽器 御茶ノ水 3F

【受講料】¥15,000

【募集状況】定員に達しましたので募集を終了しました。

【プロフィール】
 ジャック・モージェは、世界屈指のトロンボニストの1人で、演奏に加え、後進の指導においても非常に高い評価を得ている。フランスの北西部、ノルマンディに生まれたジャックは、少年期にトロンボーンに興味を示し、ルーアン地方音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。

卒業後は、数々の国際コンクールに出場し、ドイツのマルクノイキルヒェン、フランスのトゥーロンで上位に入賞する。その後、ニース・フィルハーモニー管弦楽団の首席トロンボーン奏者としてプロの道を歩み始め、続いてパリ・オペラ座管弦楽団でトロンボーンの首席奏者を務める。

1990年以降は、コンサート・アーティストとしての活動に専念し、フランス国内外で、ソリストとして、弦楽オーケストラや交響楽団、ブラス・バンド、コンサート・バンドなど、様々な形態の楽団と共演している。また、フランスのZDF、GLOBO、RAI、MUZZIKなどでテレビ出演、RFI、France Inter、France Musique、France Info、BBCなどでラジオ出演もしていることから、幅広い聴衆に知られている。ジャックのために曲を書き下ろしたり、既存の曲を特別に編曲したりする国際的な作曲家も多い。

ソリストとしてのキャリアを歩むかたわら、指導者としても精力的に活動している。1994年よりパリ地方音楽院で教鞭をとり、イタリア、ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミアでも3年間教えた。2004年6月には、スイスのジュネーヴ高等音楽院ヌーシャテル校教授に就任。2012年9月より、ローザンヌ高等音楽院フリブール校のトロンボーン教授を務め現在に至る。

東京の洗足学園音楽大学客員教授も務める他、フランス、イギリス、日本、韓国、中国、スペイン、ドイツ、スイス、オランダ、アメリカ、南米諸国など、世界中の国々で、頻繁にマスタークラスや演奏を行っている。

2007年には、パリのIMD出版より、ジャックが(ジャン=ミシェル・ドフェイと共同で)監修したトロンボーン用練習曲の楽譜集が出版された。また同時期、金管楽器メーカー、〈アントワンヌ・クルトワ〉製トロンボーンの新モデル“AC440”の開発にもかかわった。“AC440”トロンボーンは、世界の一流トロンボニストに広く愛用されている。またジャック・モージェは、「フランス・トロンボーン協会」の新会長に就任した。

ジャックは、トロンボーン全般だけでなく、フランス式の奏法とレパートリーを世に広める真の担い手である。世界中で行っているマスタークラスや演奏を通し、未来のトロンボニストとソリストに大きな影響を与えている。

 

[使用楽器:〈アントワンヌ・クルトワ〉AC440BR-1]

 

 

ページの先頭へ