2019/4/10(水)マッテオ・デ・ルカ氏トロンボーンマスタークリニック開催のお知らせ

【スケジュール】 2019年4月10(水)

11:00~12:00 12:00~13:00 14:00~15:00 

【講師】 マッテオ・デ・ルカ氏  スイスロマンド管弦楽団 首席トロンボーン

【場所】 下倉楽器 お茶の水 3階

【受講料】\15,000

【募集状況】現在受講生を募集中です。お問い合わせはセリザワまで 03-3293-7706

 

【講師プロフィール】

マッテオ・デ・ルカ氏は1985年にイタリアのマジェンタに生まれました。


彼は ノヴァーラに有る、グィード・カンテッリ音楽院で2年間、Corrado Colliard氏の元で 勉強し、2005年にトロンボーンのディプロマを取得し卒業しました。

そして2010年に彼はアンドレア・バンディーニ氏の指導の元でジュネーブ音楽院のソリストコースのマスターを取得しました。ちなみにバンディーニ氏は今はルカ氏と同僚になり、同じスイスロマンド管弦楽団で2~3番奏者を務めています。


2007年から2009年までは、ヴェルヴィエ・フェスティバルオーケストラ(ジェームス・レバインが指揮者。)で首席トロンボーン奏者を務めました。2009年にはシャルル・デュトワが音楽監督のロンドンのロイヤルフィルの首席トロンボーン奏者のオーディションに合格しました。


2010年の9月にはイギリスのリーズに有るオペラノースの首席トロンボーンのオーディションに合格し、翌月にはスイスロマンド管弦楽団の首席トロンボーンのオーディションに合格し、現在に至っています。


彼は数多くの著名オーケストラやアンサンブルのゲスト首席奏者としても演奏をしています。主な楽団は、トリノ歌劇場管弦楽団、イタリア国立RAI交響楽団、ミラノスカラ座管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団等です。


国際コンクールでも、2006年のChieriと2007年のSvizzeraでの両コンクールで最高位を獲得しています。

 

ページの先頭へ