2016/2/15(月)イグナチオ・ガルシア氏フレンチホルンマスタークリニックイベントレポート

 

【日時】 2016年2月15日(月)

 

【時間】 11:00~12:00/12:00~13:00/14:00~15:00/15:00~16:00/16:00~17:00

 

【場所】下倉楽器 御茶ノ水店 3階
 

【プロフィール】

チリのバルパライソ生まれのイグナチオ・ガルシア

は1982〜1989年にチリの大学でラウル・シ

ルバに、更にカソリック大学でエドワード・ブラウ

ンにホルンを師事する。1990年よりベルリン

フィルのオーケストラアカデミーで、ノルベルト・

ハウプトマンのもと、オーケストラ奏法の訓練を受

ける。

1993年にシュターツカペレ・ベルリンの第1ソ

ロホルン奏者となる。

1998年4月には、ベルリン芸術週間にて、シュ

テファン・ドールやデール・クレヴェンジャーと共

にシューマンのコンチェルトシュトゥックを演奏す

る。

2001年と2004年には、ベルリンのフィル

ハーモニーでブリテンのセレナーデを演奏、200

8年にはバレンボイムの指揮で、エリオット・カー

ターのホルン協奏曲をドイツ初演する。2011年

より、ロストック音楽・演劇大学で教鞭を取り、

シュターツカペレ・ベルリンのアカデミーや、ウェ

スト=イースタン・ディヴァン管弦楽団の指導者で

もある。

彼の門下生には、以下の一流オーケストラのホルン

奏者がいる。

•Jorge Monte de Fez(ミラノ・スカラ座管弦楽団ソロ

ホルン奏者)

•Matias Piñeira(ミュンヘン・フィルハーモニー管

弦楽団 ソロホルン奏者)

•Stefan Böhning(バイエルン国立管弦楽団)

•Paulo Munoz(チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団)

•Thiago Moreira(サンパウロ歌劇場管弦楽団)

•Miklós Takács(シュターツカペレ・ドレスデン)

 

11:00~12:00 鎌田渓志さん(東京藝術大学3年生)

 

【曲名】モーツァルト/ホルン協奏曲 第4番

 

【感想】基礎的な事も常に考えながらとても音楽的な内容まで踏み込んだレッスンでした。
     充実した時間でした。

 

 

 

 

12:00~13:00  藤田美咲さん  (武蔵野音楽大学卒業)

 

【曲目】バガデル/ノイリンク

 

【感想】ブレス.リズム細かく見てくれました。通訳も分かりやすかったです。

 

 

 

14:00~15:00 小口遥さん  (東京音楽大学卒業)

 

【曲目】モーツァルト/協奏曲3番

 

【感想】とてもわかりやすかったので安心して受講できました。

 

 

 

15:00~16:00  吹野ひかるさん (東京音楽大学卒業)

【曲名】モーツァルト/

 

【感想】曲の練習の方法やブレスコントロールなど基礎的なことから音楽的なところまで細かく教えて
     頂けたので、とても勉強になりました。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ