2016/04/17(日) アラン・ダミアン クラリネットマスタークラス イベントレポート

 

 

 

【スケジュール】 2016年4月17日(日)

11:00~12:00/12:00~13:00/14:00~15:00/15:00~16:00/16:00~17:00/17:00~18:00

 

【場所】 11時~13時→下倉楽器 御茶ノ水店 3階

      14時~18時→御茶ノ水クリスチャンセンター アイリンホール

 

【受講料】¥15、000

 

 

【プロフィール】

クラリネット界の新時代を築いた、極めて重要な人物。

パリ国立高等音楽院(CNSMDP)でクラリネット、室内楽科共に首席となった後、アンサンブルグループ“Pupitre

14”に加わる。その後、ストラスブール・フィルハーモニーオーケストラの首席クラリネット奏者として活躍。1976年には

“アンサンブル・アンテルコンテンポラン”(EIC)に所属し、ピエール・ブーレーズ作曲“二重の影の対話(1985)”、エリオット・カーター作曲“クラリネットのための協奏曲(1997)”が、アラン・ダミアンによって初演された。その他にも、ドナトーニ、シュトックハウゼンなど、多数の著名作品世界初演に携わっている。その傍ら、ハンガリー・バルトークアカデミー、草津音楽夏季国際アカデミーなど、マスタークラスでの指導にも精力的で、その活動は世界各地に渡っている。

ピアニスト、マウリツィオ・ポリーニが企画する“Projetto Pollini”では、既存の音楽から最新曲に渡る公演で、コンサートツアーに参加した。

メシアン“世の終わりのための四重奏曲”、ブラームスのクラリネット作品全般、ベリオ“ゼクェンツァ”、カーター“協奏曲”等、数々のレコーディングを行っている。

 

 

11:00~12:00  永和田 芽衣子さん (東京音楽大学 卒業)

 

【曲目】 ドビュッシー/第一狂詩曲

 

【感想】 フレージングについて細かく指導して下さりとても勉強になりました。

とても分かりやすかったです。ありがとうございました。

 

  

 

 

12:00~13:00  本人の希望により掲載を控えさせて頂きます。

 

14:00~15:00  粟屋 明菜さん (国立音楽大学院 1年生)

 

【曲目】 モーツァルト/クラリネット協奏曲

 

【感想】 とても丁寧に教えて下さいました。一緒にアンサンブルをしたり、吹いて示して下さり、とても分かりやすかったです。

ありがとうございました。

 

 

 

15:00~16:00  小中杏菜さん  (国立音楽大学 4年生)

 

【曲目】  ブラームス/クラリネットソナタ 第2番

 

【感想】  自分では思いつかないようなアイデアを沢山いただきました。少しのアドバイスで曲の理解がとても深まりました。

ありがとうございました。

 

 

 

16:00~17:00  新居 遥輔さん  (東京藝術大学 1年生)

 

【曲目】 モーツァルト/クラリネット協奏曲

 

【感想】 すごく楽しかったです。 ありがとうございました。

 

 

 

16:00~17:00 佐藤 日菜子さん (国立音楽大学4年生)

【曲目】 ドビュッシー/第1狂詩曲

 

【感想】  テンポの事など大切な事に気づくことが出来、大変勉強になりました。 首を下げないことなど、たくさんの事を意識していきたいです。

ありがとうございました。

 

 

 

売り場にて

 

ページの先頭へ