2016/2/12(金)トーマス・ケラー氏チューバマスタークリニックイベントレポート

 

 

 

 

 

【スケジュール】
2016年2月12日(金) 
13:00~13:40 13:40~14:20 14:20~15:00 15:00~15:40 15:40~16:20
【講師】トーマス・ケラー  Thomas Keller
シュターツ・カペレ・ベルリン
(ベルリン国立歌劇場管弦楽団) チューバ奏者

【場所】御茶ノ水 下倉楽器3F

【講師プロフィール】
1975年Oberkirchenに生まれる。11歳から地元のhiesigen Blasorchesterでチューバを吹き始める。
1995年Musikhochschule Saarbrucken で Markus Hotzel に師事。
1997年から研修生としてシュターツ・カペレ・ベルリンに参加。
1999年シュターツ・カペレ・ベルリンにソロチューバ奏者として入団。
現在、Genesis Brass のメンバーでもある。

 

13:00~13:40 織田景大さん(日本大学芸術学部1年生)

 

【曲目】オーケストラスタディー/ラインの黄金

 

【感想】普段の練習に活かせるような事をたくさんお話頂けて、大変勉強になりました。
     特にブレスのことは為になりました。

 

 

 

 

13:40~14:20  中田知宏さん  (日本大学芸術学部大学院2年生)

 

【曲目】マイスタージンガー

 

【感想】本当に勉強になりました。

 

 

 

14:20~15:00 村野詩穂さん  (日本大学3年生)

 

【曲目】Alarm

 

【感想】ブレスの仕方や基本的なことから、音楽的な事(オケスタ)等、現役で活躍されている方なので
     とても勉強になりました。活躍されている方の生音を聞くだけでも参考になることがたくさんありました。

 

 

 

15:00~15:40  石田奎斗さん (日本大学芸術学部4年生)

【曲目】オーケストラスタディー/Der fliegende Hollander /Tannhauser/Lohengrin

 

【感想】曲の練習の方法やブレスコントロールなど基礎的なことから音楽的なところまで細かく教えて
     頂けたので、とても勉強になりました。

 

 

 

 

店舗にて

 

ページの先頭へ