カテゴリ : マスタークラスクリニックレポート

2017/9/14(木)オットー・ザウター先生トランペットマスタークリニックイベントレポート

スケジュール2017年9月14日(木)

11:00~12:00/12:00~13:00/休憩/14:00~15:00

15:00~16:00/16:00~17:00

【講師】 Otto,Sauter オットー・ザウター 

Ten of the Best 

【会場】 御茶ノ水 下倉楽器 3F

 

【講師プロフィール】

 現代屈指のピッコロ・トランペットの名手として良く知られており、世界の主要ホールで演奏してきた。1995年10月、チャールズ皇太子臨席のもと、セント・ジェイムズ宮殿でフィルハーモニア管と共演。1998年と2000年にはサン・ピエトロ広場でヨハネ・パウロ2世と5万人の観衆を前に演奏。2001年には、北京の紫禁城でムハイ・タン指揮中国国家交響楽団と共演している。

 1988年から1998年まで、ブレーメン州立歌劇場フィル首席トランペット奏者。1991年からはブレーメン国際トランペット・フェスティヴァル芸術監督を務め、レイ・チャールズ、メイナード・ファーガソンらの多彩なゲストも招いている。金管楽器奏者にとっては国際的に重要なイベントのひとつである。1994年にはブレーメン・トランペット・アカデミーを創設、世界中の優秀なトランペット奏者たちを対象に独自の教育プログラムを提供している。

 2006年、子供向けテレビ・シリーズで世界的に成功をおさめているプロデューサー、Peter Willとともに、ドイツの子供たちのために「リトル・アマデウス&フレンズAktionstag」を開始。2007/08年には「リトル・アマデウス・ライヴ」コンサート・シリーズをドイツ、オーストリア、スイスの40都市で80回開催。東京、ブレーメン、 サンティアゴの大学で教える機会も多い。

 ドイツ・ユニセフ設立50周年を記念して一連のコンサートを行うことを決意。モンセラート・カバリエ、ボビー・マクファーリンらの国際的に著名なアーティストを招き、「オットー・ザウター基金」のためのジョイント・コンサートを毎年開催している。

 マルティン・ルターが聖書を翻訳したことで知られる城で開催されるヴァルトブルク音楽祭、国際的合唱音楽の祭典ムジカ・サクラ・ア・ローマの芸術監督。後者はバチカンの文化評議会会長ポール・プーパール枢機卿の後援によりローマとバチカンで開催された

 

11:00~12:00  植竹 佑太さん 洗足学園音楽大学卒業

【曲目】基礎/モーツァルト

【感想 生の音をたくさん聴けて感動しました。

 

12:00~13:00   長谷川日奈乃さん  洗足学園音楽大学4年生

【曲目 アルビノーニ/コンチェルト

感想 多くの課題がわかって今回教えて頂いた練習法を生かして克服したいと思いました。
   バロックの曲への向き合い方が明確になってよかったです。

 

 

14:00~15:00   坂井奈々香さん  自修館中等教育学校2年生

【曲目 デンマークズマーチ

感想 とても話しやすい先生でした。マウスピースの選び方も実際に教えて下さったので
   アンブシャの問題も解決できそうです。レッスンもとても面白かったです。また受けたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/9/4(月)アレッサンドロ・フォッシ氏チューバマスタークリニックイベントレポート

2017年9月4日(月)

14:00~15:00/15:00~16:00/16:00~17:00

【講師】 Alessandro Fossi   アレッサンドロ・フォッシ

【会場】 御茶ノ水 下倉楽器 3F

 

【講師プロフィール】

 アレッサンドロ・フォッシは、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州にあるチェゼーナのマデルナ音楽院で学位を取得した後、2000年にマルクノイキルヒェン国際コンクールで第3位を、2001年にはリエクサ国際テューバ・コンクールで第1位を受賞する。

 

わずか22歳でナポリのサン・カルロ劇場のテューバ奏者に、また2007-08年はサンタ・チェチーリア国立アカデミアの首席テューバ奏者を務め、EMIレーベルによる「The Rome Trilogy」の収録にも参加する。

 

これまでにフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、ミラノ・スカラ座管弦楽団、サンタ・チェチーリア国立アカデミア、アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、マリインスキー劇場管弦楽団、またアレーナ・ディ・ヴェローナやマチェラータのオペラフェスティバル・オーケストラと共演している。

 

 

現在は、イタリア国立ボルツァーノ音楽院クラウディオ・モンテヴェルディで教鞭をとると同時に、数多くの国際的なテューバ・コンクールの審査員を務めている。メルトン・マイネル・ウェストンとB&Sの契約アーティストで、使用楽器は、5450RA TUONO (Melton)、195 FAFNER (Melton)、56AFT (B&S)。

 

 

 

 

14:00~15:00  緑川 誠さん 武蔵野音楽大学1年生

【曲目】アダージョとアレグロ

【感想 課題としていたブレスに関しても分かりやすく解説していただきました。

 

15:00~16:00   五十嵐 賢哉さん   東邦音楽大学4年生

【曲目 チューバ協奏曲

感想 今後の自分の練習のアプローチが良い意味で変えられそうです。

 

受講生のみなさんと通訳の祖谷さん!

とても気さくなフォッシ先生。フォッシ先生の熱心な指導に生徒さんもとてもいい経験になったと喜んでいました。
そんなフォッシ先生に選んで頂いた貴重な選定品もありますので是非チェックをしてみてください!

 

八王子 2017年8月22日(火) フランク・フォルスト氏 ファゴットマスタークラスレポート

【日時】 2017年8月22日(火)

【場所】 下倉楽器八王子店 音楽教室クレアーレ

【レッスン時間】 ①11:00~12:00 ②12:00~13:00 ③14:00~15:00 ④15:00~16:00

【受講料】 ¥15,000 (通訳付き)

 

 

講師 フランク・フォルスト

【プロフィール】

1969年アーレン(ドイツ)に生まれる。11歳よりファゴットを始め、その1年後より1989年までゲルハルト・ハーセに師事。

その間1988年ユーゲント ムジツィールトコンクールにて第1位、バーデンヴュルテンブルグジュニアオーケストラの団員を務めるなど活躍。

1989年から1992年までハノーファー音楽大学にてクラウス・トゥネマン教授に師事。

1991年にはプラハの春国際音楽コンクールにて入賞、ドイツ音楽コンクールにて奨学生に選ばれ、若手奨励演奏家として登録される。

さらに1990年から1992年までユンゲドイチュフィルハーモニーの団員も務める。

1992年23歳の若さでベルリン交響楽団のソロファゴッティストに抜擢され、更に1997年からはCamerata Salzburgにても定期的に演奏を始め、そこでの活動は現在でも彼の演奏活動の大部分を占めている。

1996年ベルリン、ハンスアイスラー音楽大学でクラウス・トゥネマン教授のアシスタントとして後進の指導を始める。

その後2002年の冬学期よりワイマールフランツリスト音楽大学にて自身のクラスを受け持ち、その後2003年の冬学期より正式に教授に就任。

ソリストとして今までにベルリン交響楽団、ブレーメンフィルハーモニーを始めとする数々のオーケストラと共演。

2004年よりゾリステンアンサンブルベルリンを結成、室内楽演奏家としても活躍。

 

①11:00~12:00

お客様のご都合により掲載を控えさせて頂きます。

②12:00~13:00 田島 慶太さん 東京藝術大学1年

【受講曲】 ファゴットコンチェルト /コジェルフ

【感想】 楽譜に書いてあることだけではなく、どのように音楽を表現していけばよいかという事がよくわかり

     ました。自分の今後の課題が明確になりました。

 

③14:00~15:00 寺田 柚さん 国立音楽大学卒

【受講曲】 ファゴットコンチェルト/ウェーバー

【感想】 今回のレッスンを通して、もっと自分の音楽を深めていきたいと思い直しました。

      受講して良かったです。

 

④15:00~16:00 田中 信証さん 国立音楽大学卒

【受講曲】 ファゴットコンチェルト/モーツァルト

【感想】 以前もレッスンを受講して今回が2回目でしたが、曲の深い解釈や日々の大切な練習方法を教えて

      下さいました。とてもためになるレッスンでした。

ジャン・イヴ・フルモー サックスマスタークラス イベントレポート

【日時】 2017年8月7日(月)

 

【講師】ジャン・イブ・フルモー

 

【場所】下倉楽器 お茶の水店 3階

 

【受講料】15,000円

 

【時間】①11:00~12:00 ②12:00~13:00 ③14:00~15:00 ④15:00~16:00 ⑤16:00~17:00 

 

 

【プロフィール】

伝 統的なフレンチスタイル・サクソフォンの継承者であるジャン=イヴ・フルモー氏は、1978年に若干17歳で、フランス・パリ国立高等音楽院を首席で卒 業。ベルリン・フィルを始めとする世界各国のオーケスラにゲストソロ奏者として出演。「ジャン=イヴ・フルモーサクソフォンカルテット」は最も優れたアン サンブルとして世界的に高く評価されている。現在セルジー・ポントワーズ国立高等音楽院教授として後進の指導にあたり、2000年~2001年にはイン ディアナ大学の客員教授も務めた。ヤマハサクソフォンの開発には深く関わっている。

 

11:00~12:00  白石琴乃さん  (東京音楽大学附属高等学校1年生)

 

【曲目】 クレストン/ソナタ

【感想】 とても勉強になりました。先生の素敵な音色を聴けてとても幸せでした。

ありがとうございました。

 

 

 

12:00~13:00 輿 真里奈さん (昭和音楽大学4年生)

 

【曲目】① ボザ/エチュードカプリスⅠ・Ⅵ  ②イベール/室内小協奏曲

【感想】 課題がたくさん見つけられました。とても楽しかったです。

これからも頑張ります、有難うございました。

 

 

 

14:00~15:00 三瓶 和貴さん (東京音楽大学大学院1年生)

 

【曲目】①ボザ/エチュードカプリス ②イベール/室内小協奏曲

【感想】 フルモー先生のレッスンを受講するのは初めてでした。 とても新鮮で新たな考えや発見があり刺激的で充実したレッスンでした。 有難うございました。

 

 

 

15:00~16:00 石岡由実子さん (上野学園大学 卒業) 

 

【曲目】 ガロア・モンブラン/6つの音楽的エチュードより Ⅰ、Ⅲ、Ⅵ

【感想】 音楽表現の揺らし方、スタッカートやフィンガリングなど基礎的なことを的確にアドバイスお頂けて、とても勉強になりました。ありがとうございました。

 

 

 

16:00~17:00 吉池 花音さん (洗足学園音楽大学 大学院1)

 

【曲目】①ボザ/エチュードカプリスⅠ、Ⅵ ②イベール/室内小協奏曲

【感想】 今回のレッスンでは新たな発見がたくさんありました。 これからの糧にして頑張りたいと思いました。 

ありがとうございました。

 

 

 

17:00~18:00 内藤 朱里さん (昭和音楽大学2年生)

 

【曲目】 ①ボザ/エチュードカプリス Ⅰ、Ⅵ ②イベール/室内小協奏曲

【感想】 1時間のレッスンでしたが、たくさんのアイデアを頂けてとても勉強になりました。 今の自分に何が足りないのかが明確になりました。 ありがとうございました。

 

 

 

売り場にて

ジェローム・ララン サクソフォン マスタークラスイベントレポート

 

【日時】 2017年7月29日(土)

 

【時間】①11:00~12:00 ②12:00~13:00  ③14:00~15:00 ④15:00~16:00 ⑤16:00~17:00 ⑥17:00~18:00

 

【場所】 下倉楽器 御茶ノ水 3階

 

【受講料】¥15,000

 

【プロフィール】

1978年フランス南西部タルブにて生まれる。10歳からサクソフォーンをはじめ、パリ音楽院に於いてクロード・ドラングル教授のクラスを満場一致の首席で卒業後、2005年まで同音楽院第三課程で研鑽を積む。

リュクサンブール国際コンクールでの満場一致の1位(2000年)獲得後、2001年ミュンヘン国際コンクール、2002年ディナン・アドルフ・サックスコンクール等数々の国際コンクールにて好成績を残す。

笹川財団、メイヤー財団、メセナ・ミュージカル・ソシエテ・ジェネラル、ズィフラ財団の奨学生、また2004年にはフランス音楽・芸術家著作権協会 (ADAMI)主催の新人賞、レヴェラション・クラシックに選出。

ソリストとしての活動と同時に室内楽奏者としても精力的で、ヨーロッパはもちろん中国、カナダ、日本等に於いてもリサイタル、室内アンサンブル演奏会等幅広く活動。

そしてパブロ・カザルス国際音楽祭、『東京の夏』音楽祭等数々の国際音楽祭にも出演。(パリ・秋の音楽祭、トランスクラシック音楽祭、ロワイヨモン財団音楽祭、ディジョン・ファイ・ノート音楽祭、アルス・ミュジカ音楽祭等)

これまでにソリストとしてトゥールーズ国立室内管弦楽団、アンサンブル・イティネレール、ワロニー王立室内管弦楽団、パリ音楽院管弦楽団、ズリン・ボルスラヴ・マルティヌー管弦楽団(チェコ共和国)等と競演。

現 代音楽の分野においての活動は特に顕著で、フレデリク・ヴェリエール、ベルナト・ヴィヴァンコス両氏のサクソフォーン協奏曲初演をはじめ、所属する現代音 楽アンサンブル、アンサンブル・ケルンでも数々の作曲家のプロジェクトに参加。ブーレース作曲、『Dialogue de l'ombre double』のシテ・ドゥ・ラ・ミュージックでの公演も記憶に新しい。

2005 年、インプロヴィゼーションから影響を受けた様々な音楽を自身の即興と織り交ぜたCD、『Paysages lointains(遥かなる景色)』を録音。2008年にはソロCD『Impressions d'Automne(秋の印象)』発売の他、フランク・ベドロシアンの作品を集めたモノグラフィー等、数々のCD制作に参加予定。

クラシック音楽のさらに幅広い普及を目指しフランス・キャプヴェルン音楽祭を主宰。現在オルネイ・ス・ボワ音楽院にて教鞭をとる傍ら、世界各地で積極的にマスタークラスも行っている。 

 

 

11:00~12:00 井上雄哉さん (洗足学園音楽大学 卒業)

 

曲目】ボザ/エチュドカプリス ・イベール/コンチェルティーノ・ダ・カメラ

【感想】 日本人と感覚も吹き方も違うので、今までにない刺激をもらえて勉強になりました。

      有難うございました。

 

 

 

12:00~13:00 湊谷采加さん (尚美ミュージックカレッジ専門学校 ディプロマ科2年)

 

【曲目】 ボザ/サクソフォンのための12の練習奇想曲よりⅠ.Ⅵ

【感想】奏法の基礎から曲の事まで丁寧にレッスンして下さり、とても分かりやすかったです。

    また先生の一言で自分の演奏が変わっていくことが実感出来て、とても楽しく勉強になりました。

    有難うございました。

 

 

 

14:00~15:00 笹原 俊さん (昭和音楽大学 研究生)

 

【曲目】 イベール/コンチェルティーノ・ダ・カメラ

【感想】 技術的なことやアナリーゼについてはもちろん、姿勢や体の作り方まで指摘して頂いて色々な事を

考えさせられました。 有難うございました。

 

 

 

15:00~16:00 叶 楓花さん (総合芸術高校 3年生)

 

【曲目】 デザンクロ/プレリュード、カデンツァとフィナーレ

【感想】 すごく良い刺激的でした、とても楽しかったです。 ありがとうございました。

 

 

 

 

16:00~17:00 吉池花音さん (洗足学園音楽大学 大学院1年)

 

【曲目】 ボザ/エチュードカプリスⅥ ・リュエフ/コンチェルティーノ

【感想】 曲の作り方、フレーズの取り方、姿勢やビブラートなどの細かい所までしっかりと教えて頂きました。音の色や場面の変化などをこれからもっと勉強していきたいと思いました。ララン先生は自分に足りないものをしっかりと見極めて明確に教えて頂きました。今回レッスンを受講出来て良かったです。

     ありがとうございました。

 

 

 

 

 

17:00~18:00  梅沢 洋さん

 

【曲目】 イベール/コンチェルト・ダ・カメラ

【感想】 普段と違った視点からの意見がきけて参考になりました。 ありがとうございました。

 

 

 

売り場にて

 

 

シャパー・ケレメン先生トランペットマスタークリニックイベントレポート

 

【日時】2017年6月27日

【場所】下倉楽器3F

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

 【時間】11:45~12:30 12:30~13:15 14:15~15:00 15:00~15:45 16:15~17:00 17:00~17:45

 【講師】シャパー・ケレメン氏  Casba Kelemen

場所 下倉楽器 御茶ノ水 3F

【プロフィール】
    1986年~1989年ハンガリーのデブレツェン音楽大学教育学部を首

   席で卒業後、1992年までブダペスト音楽アカデミーにて学び、最優

   秀の成績でディプロム取得。

   学生時代からブダペスト国立歌劇場オーケストラに定期的に賛助出

   演する他、クラウディオ・アバドが音楽監修を務める、グスタフ・

   マーラー・ユーゲントオーケストラにても、首席トランペット奏者と

   して活躍する。

   ブダペスト音楽アカデミーの卒業を待たずして、1991年よりドレス

   デン フィルハーモニー管弦楽団に、副首席奏者として入団。

   ルートヴィッヒ・ギュトラーのCD録音に参加。

   ベルリンフィルハーモニー、ザクセン国立歌劇場ドレスデン、中央

   ドイツラジオ放送交響楽団ライプチッヒ等にも賛助出演の経験を持

   つが、演奏の行動範囲をオーケストラに拘らず、フィルハーモニッ

   ク ブラス クインテット ドレスデン、ムジカ ヴィヴァ アンサン

   ブル ドレスデン、ヨアヒム・シェーファートランペットアンサン

   ブルにも広げ、ドイツ国内外にて活躍中。

   これまでに、ジェローム・カレ、マルテ・ブーバー、トビアス・フ

   ュラーに師事

 

11:45~12:30  谷川 美和さん

【曲目】 バッハ カンタータNO51

【感想 目からウロコ!気が付かなかった大切な所がありました。

 

12:30~13:15   磯部 由佳さん   洗足学園音楽大学卒業

【曲目 Concert/Hummel

感想 以前は基礎だけだったので曲もみていただけて表情の付け方、アーティキュレーションほかにもたくさん勉強になりました。
    通訳の方の説明もわかりやすく文字に書いてくださったりして、助かりました。
    これからも練習頑張ります。

 

14:15~15:00   大野 萌子さん 武蔵野音楽大学卒業

【曲目】 ベーメ 基礎練習

【感想 基礎を中心にレッスンして頂いたのですが音の出し方がとても(良い方向に)変わりました。

 

15:00~15:45   末尾 沙恵さん   武蔵野音楽大学卒業

【曲目 ハイドン/コンチェルト

感想 身体の使い方特に息の出し方を意識させられた。レッスンでした。今まで意識したことがなかったので鼻から
    口から息がどのようにでもだせるようコントロールできるようになりたいです。

 

16:15~17:00   蒲倉 史伸

【曲目】 基礎

【感想 本当に新しい発見の多さに驚きました。また機会があればほかの先生でも受けてみたいです。

 

17:00~17:45   織田 得郎さん   

【曲目 ハイドン/コンチェルト

感想 素晴らしいレッスン内容でした。カデンツァを新しくした方が良いとアドバイスをいただきましたが正直難しいです。
    頑張ります。

エリック・ラスク氏フレンチホルンマスタークリニックイベントレポート

 

【日時】2017年5月30日

【場所】下倉楽器3F

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

 【時間】13:00~14:00 14:00~15:00 15:00~16:00

 講師 Eric Ruske, エリック・ラスク 
        ボストン大学音楽学部・管打楽器科教授
                     

アメリカ、イリノイ州出身、ノースウエスタン大学にて
クレベンジャー氏に師事。
世界的に活躍するソリストとして数々のリサイタル、
コンサート、CDを手掛ける。
20歳の時にクリーブランド管弦楽団の副首席となる。
1987年アメリカホルンコンクールで優勝、
1988年にはフランス、ランスにおける国際演奏家コンクールで
最高位を受賞。
ソリストとして、クリーブランド管弦楽団をはじめとして、
上海放送交響楽団、ボストンポップス、
その他数々の交響楽団と協奏曲を共演。 
室内楽奏者としてはエンパイアブラスクインテットの一員として、
モーツアルト国際音楽祭、パブロカザルス音楽祭、
その他、世界中の音楽祭に招かれて演奏する。
公開レッスンは特に定評があり、
アメリカ国内の数々の音楽大学、海外では、
ロンドン王立音楽院、北京中央音楽院、
スコットランド王立音楽院、
ソウル国立大学音楽学部などで行う。
ニューイングランド音楽院講師、
クリーブランド音楽院講師を経て現在、
ボストン大学音楽学部・管打楽器科教授。

 

14:00~15:00  小谷晋一さん  

【曲目】 基礎、オーケストラスタディー

【感想】普段の楽曲への取り組み方を改めて再認識させて頂きました。
    基本に立ち返ります!!

 

15:00~16:00   深澤仁さん 東京音楽大学卒業

【曲目 R.シュトラウス/ホルン協奏曲1番 オーケストラスタディー

感想 自分の弱点を見つけ出して頂きアドヴァイスを頂きました。
   人柄がとてもパワフル。

 

 

とてもパワフルなエリック先生。ユーモアあふれる人柄に圧倒されました。
先生からは「受講生のレベルも高くとても素晴らしいレッスンでした」とのコメントを頂きました。
店頭の楽器を吹いて頂き選定品を作っていただきました。是非この機会をお見逃しなく!

ポール・ミルナー氏 バストロンボーンマスタークラスクリニックイベントレポート

 

 

【日時】2017年5月18日

【場所】下倉楽器3F

【場所】御茶ノ水 下倉楽器 3F

 【時間】 13:00~14:00 14:00~15:00

 講師 ポールミルナー ロンドンシンフォニーバストロンボーン奏者

【プロフィール】

  • 7歳よりトロンボーンを始め、1991年にマンチェスターの
    ロイヤル・ノーザン・カレッジを卒業。93年からリーズの
    オペラ・ノース管弦楽団に在籍し、2007年にロンドン交響楽団の
    首席バストロンボーン奏者となる。
    日本にはロンドン響の一員としてたびたび来日しているが、
    ハリー・ポッターを始めとする多くのハリウッド映画の
    サウンドトラックで彼の演奏に触れる事ができる。

     

     

    ロンドン響のディスカバリー事業にも貢献し、
    それは、若い学生達の教育、病院での演奏、
    学校での活動等を含み、また近年はフランスや中国でも活動している。

    一方で彼は、副委員長の立場からこの3年間理事会に参加し
    運営面でもロンドン響を支えている。

 

13:00~14:00 栗山 憧子さん (国立音楽大学卒)

 

【曲目】 ダヴィッド/コンチェルティーノ1楽章

 

【感想】 悩んでいたことをピンポイントでアドバイスをして下さりとても充実したレッスンでした。

     ありがとうございました。

 

 

14:00~15:00 田中 信さん (玉川学園 高校1年)

 

【曲目】 コープラシュNo.3.No.4

 

【感想】 今回は僕の良くない癖など教えてくださりとても勉強になりました。

     ありがとうございました。

 

 

先生からのコメント

とても充実したレッスンになりました。聴講してくださった方も落ち着いてレッスンが聞けましたでしょうか。

本当にありがとうございました。

 

2017/04/14(金) ジュリアン・エルヴェ クラリネットマスタークラス イベントレポート

 

 

【日時】 2017年4月14日(金) 

 

【時間】 13:00~14:00/14:00~15:00

 

 

【講師】 ジュリアン・エルヴィ  Julien Hervé

 

 

【受講料】 ¥15,000

 

 

【プロフィール】

 

物理学を専門に学んだのち、音楽への道を決意。21歳でフランス国立パリ高等音楽院に進み、パスカル・モラゲスに師事する。すぐに音楽的才能を大きく開花させ、多くのコンクールで賞や栄誉を獲得し、2007年の日本管打楽器コンクールでは第3位を受賞する。ジャンルの枠にとらわれない音楽家として、ジャズ、クレツメール、モーツァルトからシュトックハウゼンなど幅広いレパートリーを持ち、自身の巨大な音楽のパッチワークを構築している。

2008年よりロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者として活躍し、フランソワ=グザヴィエ・ロス“Les Siècles”アンサンブル、およびカリオペ・アンサンブルのメンバーも務める。

オランダ在住で、現在でもジャズや指揮への見識を深めるため、常に研鑽を積んでいる。

〈ビュッフェ・クランポン〉公式テスターおよび、〈リコ〉リード・アーティスト

 

13:00~14:00 近野千晶さん (尚美ミュージックカレッジ ディプロマ科 1年生)

 

【曲目】 マルティヌー/ソナチネ

 

【感想】 外国の先生のレッスンは初めて受講しましたが、音色や表現の豊かさにとても感動しました。

今まで以上にクラリネットが好きになりました。 ありがとうございました。

 

 

 

14:00~15:00 中村恵菜さん (日本大学芸術学部 卒業)

 

【曲目】 ウエーバー/クラリネット協奏曲第1番

 

【感想】 今まで気づかなかった事、フレーズ感や奏法などフランス特有の歌心を教えて頂き大変感銘を受けました。ぜひまた受講したいです。 ありがとうございました。

 

 

 

先生からのコメント

とてもレベルの高い生徒たちで、とても素晴らしかったです。通訳も素晴らしく生徒が理解している事がすぐに音に出ていました。

また機会がありましたらレッスンを下倉楽器で行いたいです。

 

 

2017年3月17日(金) ティム・モリソン氏マスタークリニックイベントレポート

【スケジュール】 2017年3月17日(金)

11:00~12:00 12:00~13:00 14:00~15:00 15:00~16:00 16:00~17:00

 

【講師】 ティム・モリソン

【場所】 下倉楽器 お茶の水 3階

【講師プロフィール】
元ボストン交響楽団首席トランペット奏者・元エンパイヤブラスメンバー
1955年アメリカ、オレゴン州生まれ。ニューイングランド音楽院でトランペットをロジャー・ヴォアザン氏、アルマンド・ギダーラ氏に師事し、同音楽院より最優秀卒業者賞を授与されている。
24歳で名門ボストン交響楽団に入団。1984年同楽団を一時離れ、「エンパイヤブラス」に参加、 「エンパイヤブラス」では世界を各地で演奏活動を展開、その公演回数は年間100公演にもおよんだ。1987年、彼はボストン交響楽団に副首席として復 帰、その後首席奏者に就任、1997年まで首席を務めた。一方ポップスの分野では巨匠ジョン・ウィリアムス氏の絶大な信頼を受け、アポロ13号、JFK、 プライベートライアン、7月4日に生まれて など数多くの映画音楽の録音に参加している。
現在フリーランスの奏者として世界各地のオーケストラに招かれて客演、また指導者としても各国よりマスタークラスに招かれている。更に近年はサイトウキネン・オーケストラ、東京オペラの森オーケストラメンバーとしても活躍している。

 

11:00~12:00 松浦 愛莉さん 尚美ミュージックカレッジ 2年

 

【曲名】VASSILY BRANDT/CONCERTPIECE No.2

             TOMAS ALBINONI/KONZERT

 

【感想】曲を演奏するときの吹き方など丁寧におしえて頂きわかりやすく

    音楽性のある演奏の仕方も学ぶことができました。

    内容の濃いレッスンでまた受けたいと思います。

 

 

 

 

12:00~13:00 

 

※お客様のご都合により非表示とさせていただきます。

 

14:00~15:00 シモンズ 慶敏さん 尚美ミュージックカレッジ3年生

 

【曲目】レジェンド/ハイドン

 

【感想】体を使って表現してくださり目に見えてすごくわかりやすく楽しかったです。

 

 

15:00~16:00 和泉 千香さん 波崎高校3年(卒)

【曲名】

 

【感想】とても参考になりました。今後教えて頂いたことを生かして行けるように練習していこうと思います。

 

16:00~17:00 山口 歩さん 尚美ミュージックカレッジ3年生

【曲名】BOHME Trumpet Concert,PENNEQUIN MORCEADE CONCERT

 

【感想】今回のレッスンを受講してとてもためになりました。ありがとうございました。

 
 
 
 

ページの先頭へ